国内外ニュース

北陸大雪1人死亡27人けが 福井、1500台立ち往生

 福井県あわら市の国道8号で停車したままのトラックの列=6日(国土交通省近畿地方整備局提供)  福井県あわら市の国道8号で停車したままのトラックの列=6日(国土交通省近畿地方整備局提供)  国道8号線で立ち往生した車に、食料を配る自衛隊員=6日午後、福井県あわら市(同市役所提供)  国道8号線で立ち往生した車に、食料を配る自衛隊員=6日午後、福井県あわら市(同市役所提供)
 北陸地方は6日、記録的な大雪に見舞われた。福井県内の国道8号で車約1500台が立ち往生し、同日午後、県の災害派遣要請を受け陸上自衛隊が出動、除雪作業に当たった。福井県警などによると、福井市ではエンジンがかかったまま雪に埋もれた車から50代の男性が心肺停止状態で見つかり、間もなく死亡を確認。一酸化炭素(CO)中毒とみられる。福井、石川、富山の3県では雪下ろし中に屋根から転落するなどして、少なくとも27人が重軽傷を負った。

 気象庁によると、福井市では6日午後2時現在で136センチの積雪を記録。金沢市では午後7時に積雪75センチとなり17年ぶりの大雪となった。

(2月7日0時34分)

社会(2月7日)