国内外ニュース

「国立映画アーカイブ」4月誕生 フィルムセンターが独立へ

 4月に「国立映画アーカイブ」となる東京国立近代美術館フィルムセンター=東京都中央区(同フィルムセンター提供)  4月に「国立映画アーカイブ」となる東京国立近代美術館フィルムセンター=東京都中央区(同フィルムセンター提供)
 東京国立近代美術館は6日、映画資料に特化した美術館「国立映画アーカイブ」を4月に設置すると発表した。同館の映画部門である東京都中央区京橋の「フィルムセンター」を独立させる。消失が懸念される作品の収集や保存を進め、海外の評価が高まっている日本映画の発信を強化する狙いだ。

 アーカイブでは、多言語字幕付きの所蔵映画の上映会を開くほか、戦前のサイレント映画をデジタル化してインターネット上で公開する計画。施設の運営や展示企画には、アドバイザーとして映画監督の山田洋次さんら外部の映画関係者8人も携わる。

(2月6日18時40分)

暮らし・話題(2月6日)