国内外ニュース

東京五輪組織委、平昌から学ぶ 110人が実地研修

 【平昌共同】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の職員が平昌冬季五輪の運営を実地研修する「オブザーバープログラム」が6日、開幕に先立って始まった。派遣されるのは110人。真夏の開催となる東京は台風や集中豪雨などへの対策が課題となっており、風雪など悪天候の影響を受けやすい冬季五輪の運営から、対処法を探る。韓国の先進的な情報通信技術(ICT)の活用事例も吸収する方針だ。

 プログラムは国際オリンピック委員会(IOC)が今後の五輪開催都市や招致を目指す都市のために、平昌大会組織委の協力を得て実施する。

(2月6日22時01分)

国際大会(2月6日)