国内外ニュース

北朝鮮核、EPAで連携 首相、独大統領が会談

 安倍晋三首相は6日、ドイツのシュタインマイヤー大統領と官邸で会談し、北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため、あらゆる手段で圧力を最大化させることで一致した。日本と欧州連合(EU)による経済連携協定(EPA)について、早期の署名と発効に向けた連携も確認した。

 首相は、北朝鮮の弾道ミサイルはドイツの首都ベルリンを射程に収めていると指摘。「欧州全体にとり重大な脅威だ」と強調した。シュタインマイヤー氏の来日は、昨年3月の就任後初めて。

(2月6日22時55分)

政治(2月6日)