国内外ニュース

NY原油続落、63ドル前半 リスク回避の売り継続

 【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク原油先物相場は3営業日続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の3月渡しが前日比0・76ドル安の1バレル=63・39ドルで取引を終えた。

 世界的な株安で投資家心理が悪化し、リスク回避の売りが続いた。米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が短期エネルギー見通しで、2018年と19年の米原油の生産予測を引き上げたことも売り材料となった。

(2月7日6時29分)

経済(2月7日)