国内外ニュース

松沢氏、希望「分党」を申し入れ 必要な国会議員5人を確保

 松沢成文参院議員  松沢成文参院議員
 希望の党の松沢成文参院議員団代表が、古川元久幹事長に合意の上で党を分割する「分党」を申し入れていたことが分かった。分党に必要な5人以上の国会議員を確保できたと伝えた。7日午後の役員会で正式提案する。党幹部が同日、明らかにした。松沢氏は結党メンバーで、玉木雄一郎代表ら現執行部の党運営に批判的な立場にある。

 党幹部によると、松沢氏は憲法改正や安全保障関連法などの基本政策を巡る見解の相違を分党の理由に挙げた。中山恭子元拉致問題担当相、中山成彬元国土交通相、井上一徳衆院議員、行田邦子参院議員が松沢氏に同調する意向だという。

(2月7日11時59分)

政治(2月7日)