国内外ニュース

時速130キロであおり運転 危険運転容疑で少年逮捕、警視庁

 乗用車で前方の男子高校生(17)のバイクをあおる運転をして衝突したとして、警視庁昭島署は7日までに、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、会社員の少年(18)=東京都八王子市=を逮捕した。逮捕は6日。都道を走行し、車の最高時速は132キロだった。

 昭島署によると、少年は八王子市から約4キロ離れた昭島市内まで、時速56~132キロでクラクションを鳴らしながらバイクを追跡。途中赤信号を8カ所無視し、対向車線にはみ出るなど危険な運転を続けた。容疑について黙秘している。

(2月7日14時06分)

社会(2月7日)