国内外ニュース

大雪なお680台足止め、北陸 福井県が災害救助法適用

 立ち往生した車の周囲で除雪作業をする陸上自衛隊員=7日、福井県あわら市(陸上自衛隊金沢駐屯地提供)  立ち往生した車の周囲で除雪作業をする陸上自衛隊員=7日、福井県あわら市(陸上自衛隊金沢駐屯地提供)
 記録的な大雪となった北陸地方では7日も断続的に雪が降り、福井市では午後9時現在、146センチを記録した。福井県などの国道8号で6日に発生した車の立ち往生は、7日夕に約680台を数えた。陸上自衛隊は約900人態勢で除雪作業を続けたが、解消のめどは立たず、2夜続けて車内で過ごさざるを得ない状況。県は大雪の被害が出ている福井、あわら、坂井の3市に災害救助法を適用した。

 県は7日、福井市で雪に埋もれた車の中で男性(50)が一酸化炭素(CO)中毒で死亡しているのが6日夜に見つかったと明らかにした。

(2月8日0時50分)

社会(2月8日)