国内外ニュース

聖火が競技会場エリアに アルペンの開催地でリレー

 平昌冬季五輪のアルペンスキー会場がある韓国の旌善でリレーされる聖火=7日(聯合=共同)  平昌冬季五輪のアルペンスキー会場がある韓国の旌善でリレーされる聖火=7日(聯合=共同)
 【平昌共同】平昌冬季五輪の聖火リレーは7日、アルペンスキーの会場となる韓国の旌善で行われた。2日後の開幕に向けて初めて競技会場があるエリアに入り、ムードがいよいよ高まってきた。8日にはスケート会場などがある江陵に到着。9日は平昌でリレーされ、夜の開会式で平昌五輪スタジアムの聖火台に点火される。

 ギリシャで採火された聖火は空路で韓国に渡り、昨年11月1日に総距離2018キロを7500人がつなぐ韓国国内のリレーが仁川でスタート。人型ロボットなども登場して各地を巡り、大詰めを迎えている。

(2月7日17時19分)

国際大会(2月7日)