国内外ニュース

希望・松沢氏、分党を提案 役員会、幹事長に対応一任

 国会内で開かれた希望の党の役員会=7日午後  国会内で開かれた希望の党の役員会=7日午後
 希望の党は7日、役員会を国会内で開き、玉木雄一郎代表ら執行部に批判的な松沢成文参院議員団代表が、合意の上で党を分割する「分党」を正式提案した。役員会としての結論は見送り、古川元久幹事長に対応を一任することを確認した。

 松沢氏は憲法改正や安全保障関連法に関するスタンスが執行部と異なると主張していた。役員会では、分党に必要な5人以上の国会議員として、中山恭子元拉致問題担当相、中山成彬元国土交通相、井上一徳衆院議員、行田邦子参院議員の賛同を得たと説明した。

 執行部は松沢氏側との分党を巡る協議を進める中で、「希望の党」の党名譲渡も視野に調整を進める方針だ。

(2月7日18時31分)

政治(2月7日)