国内外ニュース

平昌、小平が37秒05好タイム スピード本番会場で記録会

 女子500メートル 記録会で滑走する小平奈緒=江陵(共同)  女子500メートル 記録会で滑走する小平奈緒=江陵(共同)
 【平昌共同】スピードスケートの記録会が7日、平昌冬季五輪会場の江陵オーバルで行われ、女子500メートルで優勝候補筆頭の小平奈緒(相沢病院)はトップとなる37秒05の好タイムをマークした。記録は非公認。同じリンクで開催された昨年2月の世界距離別選手権は37秒13で優勝した。

 郷亜里砂(イヨテツク)は37秒61と上々のタイムで、神谷衣理那(高堂建設)は38秒00。男子500メートルの山中大地(電算)は34秒95で滑った。

 女子の高木美帆(日体大助手)、男子の加藤条治(博慈会)らは出場していない。

(2月7日19時15分)

国際大会(2月7日)