国内外ニュース

路面凍結に警戒呼び掛け、気象庁 北陸の大雪は8日まで

 日本列島の上空には7日も強い寒気が流れ込み、北陸を中心に日本海側に大雪が続いた。雪は8日まで続く見通しで、気象庁は路面の凍結や落雪などに引き続き警戒するように呼び掛けている。

 気象庁によると、北日本(北海道、東北)と北陸の上空5千メートルには、氷点下39度以下の寒気が入り、冬型の気圧配置になっている。寒気によって日本海上で発生した雲が、7日も北陸など日本海側にかかり雪を降らせた。西日本にも寒気が流れ込み、四国や九州では観測史上最低気温を更新したところもあった。

 7日午後6時の積雪は福井市143センチ、金沢市82センチ、富山市62センチ。

(2月7日19時46分)

社会(2月7日)