国内外ニュース

トラックが2人はね死傷、京都 運転手逮捕、持病影響捜査

 京都市南区の府道で7日に歩行中の男性2人がトラックにはねられる事故があり、大阪府東大阪市の会社員安本善一さん(48)が胸を強く打って死亡、同府八尾市の男性会社員(51)が重傷を負った。南署は8日未明、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、運転していた会社員越智勇次容疑者(30)=同市伏見区=を逮捕した。

 南署によると、越智容疑者はてんかんの持病があり、7日の事故後には「朝に薬を飲んでいた。事故の状況を覚えていない」と話しており、事故との因果関係などを調べる。事故を起こしたことは認めているという。

(2月8日12時29分)

社会(2月8日)