国内外ニュース

ロシア選手、カーリング初戦完敗 夫婦ペア本領発揮できず

 米国戦でストーンを投じるロシアからの五輪選手=江陵(共同)  米国戦でストーンを投じるロシアからの五輪選手=江陵(共同)
 【平昌共同】国ぐるみのドーピング問題で平昌冬季五輪に個人資格の出場となった「ロシアからの五輪選手(OAR)」が8日、江陵カーリングセンターで行われたカーリング混合ダブルスの初戦に早くも登場した。相手はロシアが何かと対抗心を燃やす因縁の米国だったが、一昨年の世界選手権を制した夫婦ペアは本領を発揮できずに3―9で完敗した。

 ユニホームは白のシャツに黒のパンツで、白青赤のロシア国旗はあしらわれていない。ドーピング問題でもプーチン政権が国ぐるみの関与を認めず、米国などの策略だと主張してきたこともあってか、ペアは緊張した面持ちで試合に臨んだ。

(2月8日12時05分)

国際大会(2月8日)