国内外ニュース

高度弾道ミサイルの迎撃は困難 北朝鮮対応で小野寺防衛相

 衆院予算委で答弁する小野寺防衛相=8日午前  衆院予算委で答弁する小野寺防衛相=8日午前
 小野寺五典防衛相は8日の衆院予算委員会で、北朝鮮が通常より高い高度へ打ち上げる「ロフテッド軌道」で弾道ミサイルを日本に向け発射した場合、現在のミサイル防衛体制での迎撃は困難になる可能性を明らかにした。「迎撃しにくいことも想定される。より落としにくいのは事実だ」と述べた。ロフテッド軌道にも対応できるとされている改良型迎撃ミサイルの開発を進める考えも強調した。

 小野寺氏は、日本を射程に収める北朝鮮の中距離弾道ミサイルは通常の高度で発射される可能性が高いと指摘。「現実に即した形で能力向上に努めたい」と語った。

(2月8日12時15分)

政治(2月8日)