国内外ニュース

三菱マテリアル、新たな不正発表 グループ会社の製品データ

 三菱マテリアルは8日、グループの三菱アルミニウム(東京)と立花金属工業(大阪市)、ダイヤメット(新潟市)で新たに製品データに関わる不正があったと発表した。三菱マテリアルの竹内章社長らが同日午後3時半から東京都内で記者会見を開き、説明する。

 子会社の三菱アルミでは昨年判明した不正のほかに、富士製作所(静岡県裾野市)でつくるアルミ部材について、顧客と取り決めた規格を逸脱した製品のデータを書き換えて出荷していた。日本工業規格(JIS)と合致しない方法で製品を測定する事例もあった。出荷先は115社に上る。

(2月8日12時46分)

経済(2月8日)