国内外ニュース

平昌、日本の先陣切る宇野が調整 9日からフィギュア団体

 公式練習で調整するフィギュアスケート男子の宇野昌磨=江陵(共同)  公式練習で調整するフィギュアスケート男子の宇野昌磨=江陵(共同)
 【平昌共同】平昌冬季五輪で10チームによるフィギュアスケート団体は9日午前、江陵アイスアリーナで始まり、男子とペアのショートプログラム(SP)が行われる。日本は先陣を切る男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)が8日、五輪会場の練習リンクで調整し「頑張ります」と短い言葉に力を込めた。ペアの須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)も練習した。

 宇野はSPの音楽を流した練習で冒頭の4回転フリップ、演技後半の4回転―3回転の2連続トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の三つ全てのジャンプを決める好調ぶりだった。

(2月8日19時05分)

国際大会(2月8日)