国内外ニュース

米中外交トップが会談 北朝鮮核で「最大圧力」

 【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は8日、中国の外交担当トップ楊潔チ国務委員とワシントンで会談し、米国務省によると、両氏は北朝鮮に核放棄を迫るため「最大限の圧力」を維持する方針を確認した。平昌冬季五輪後の北朝鮮による軍事挑発再開の可能性をにらみ、対応策などを協議したとみられる。

 楊氏は昨年10月の共産党大会で指導部を構成する党政治局員に昇格して以来、初めての訪米。米国務省のナウアート報道官は8日「米国は中国が北朝鮮に対する国連制裁履行で必要な行動を取ることを望んでいる」と強調、ティラーソン氏は会談で取り締まり強化に応じるよう楊氏に迫ったもようだ。

(2月9日7時45分)

国際(2月9日)