国内外ニュース

インフルエンザ、3週連続で最多 大流行衰えず、A香港型が拡大

 A香港型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)  A香港型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)
 厚生労働省は9日、全国の定点医療機関から4日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者数は、1医療機関当たり54・33人で、過去最多だった前週の52・35人を上回ったと発表した。3週連続で最多を更新した。この数字を基に推計した全国の患者数は約282万人で、前週より8万人増え、大流行が続いている。

 直近5週間で検出されたウイルスは、例年2月ごろから増え始めるB型が半数を占め最も多い。A型は、これまで主流だった2009年に新型として流行したタイプをA香港型が追い抜いた。計3種類が流行する異例の事態となっている。

 都道府県別で報告数最多は大分県の77・09人。

(2月9日11時16分)

医療・健康(2月9日)