国内外ニュース

参加巡りロシア選手らの訴え棄却 平昌五輪、CASが裁定

 【平昌共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は9日、ドーピング問題に絡んで国際オリンピック委員会(IOC)から平昌冬季五輪参加資格を認められなかったロシアの選手らが決定を不服として提訴した問題で、計47人の選手らの申し立てを棄却したと発表した。

 CASは、潔白を証明した選手のみ国歌や国旗を使えない「ロシアからの五輪選手(OAR)」として個人資格での五輪出場を認めたIOCの手続きを「処分ではなく資格に関わる決定」と判断。「決定権の不適切な行使を示す証拠はない」と結論づけた。

(2月9日13時40分)

国際大会(2月9日)