国内外ニュース

フィギュア、日本は3位に付ける 団体の男子SP、ペアSP終え

 【平昌共同】平昌冬季五輪は9日午後8時(日本時間同)から開会式が行われ、7競技102種目を実施する17日間のスポーツの祭典が幕を開ける。フィギュアスケートは団体が始まり、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨が1位となり、ペアSPの須崎海羽、木原龍一組の演技を終えて、日本は3位に付けた。

 フリースタイルスキー・モーグルは予選1回目を行い、男子は昨季世界選手権覇者の堀島行真と原大智、女子は村田愛里咲が決勝進出を決めた。

 日本は海外の冬季大会では最多の124選手(男子52、女子72)を派遣し、複数の金を含む9個以上のメダル獲得を目標に掲げる。

(2月9日14時14分)

国際大会(2月9日)