国内外ニュース

作家の石牟礼道子さんが死去 水俣病の苦しみ記す

 死去した石牟礼道子さん  死去した石牟礼道子さん  水俣病患者の苦難について図を描きながら説明する石牟礼道子さん=2015年4月、熊本市内  水俣病患者の苦難について図を描きながら説明する石牟礼道子さん=2015年4月、熊本市内  厚生省前での抗議行動に参加した石牟礼道子さん=1970年5月  厚生省前での抗議行動に参加した石牟礼道子さん=1970年5月
 四大公害病の一つ、水俣病に苦しむ患者の世界を描いた「苦海浄土」などの著書で知られる、作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市東区の介護施設で死去した。90歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男道生(みちお)氏。

 戦時中から戦後にかけて国民学校の代用教員を務めた後、本格的に執筆活動を開始。1969年に刊行した代表作の同書は大きな反響を呼び、多くの人々が水俣の実態に目を向けるきっかけとなった。70年の第1回大宅壮一ノンフィクション賞に選ばれたが、受賞を辞退した。

(2月10日12時40分)

文化・芸能(2月10日)