国内外ニュース

障害者施設職員が暴言、兵庫 男子中学生に

 兵庫県明石市の障害児通所施設「児童デイサービス遊」で昨年11月下旬、40代の女性支援員が男子中学生に対し、「死んでも生きてもどうでもいい」「うそつき野郎」などと暴言を吐いていたことが10日、運営会社への取材で分かった。同社によると、市の調査を踏まえ、1月に県から改善勧告が出された。

 運営する合同会社「iST」(同市)によると、支援員は、男子生徒が支給されたおやつに不満を訴え、感情を高ぶらせた様子だったため、いさめる目的で発言した。「がきんちょに権利はない」などの暴言もあり、1時間近くにわたったという。その場には他の支援員もいた。

(2月10日13時01分)

社会(2月10日)