国内外ニュース

石田は14位、カッラV スキー距離・10日

 女子距離複合 後半のフリーで力走する石田正子(右)=平昌(共同)  女子距離複合 後半のフリーで力走する石田正子(右)=平昌(共同)
 クラシカル走法とフリー走法で半分ずつ滑るスキー女子距離複合(15キロ)で、石田正子(JR北海道)は42分4秒1でトップと1分19秒2差の14位だった。石田は前半のクラシカルを15位で終え、後半フリーで順位を上げた。

 ハロッテ・カッラ(スウェーデン)が40分44秒9で制し、今大会金メダル第1号となった。マリット・ビョルゲン(ノルウェー)は2位で、この種目3連覇を逃した。(共同)

(2月10日17時50分)

国際大会(2月10日)