国内外ニュース

ドルトムント香川は後半途中交代 独1部、ハンブルガーSVに勝つ

 前半、競り合うドルトムントの香川(左)とハンブルガーSVの酒井高=ドルトムント(共同)  前半、競り合うドルトムントの香川(左)とハンブルガーSVの酒井高=ドルトムント(共同)
 【ドルトムント(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは10日、各地で行われ、香川真司のドルトムントはホームで酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガーSVに2―0で勝った。香川は後半17分までプレーし、酒井高はフル出場した。伊藤はベンチ外。

 長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトはホームで大迫勇也のケルンに4―2で勝ち、長谷部はフル出場した。鎌田と大迫はベンチ外だった。

 マインツの武藤嘉紀は敵地でのホッフェンハイム戦にフル出場した。チームは2―4で敗れた。

(2月11日1時39分)

サッカー(2月11日)