国内外ニュース

バドミントン、日本女子が優勝 アジア団体、中国を3―0で破る

 バドミントンのアジア団体選手権で優勝し、金メダルやトロフィーを手に自撮りする奥原希望(左端)ら日本の選手たち=11日、アロースター(ゲッティ=共同)  バドミントンのアジア団体選手権で優勝し、金メダルやトロフィーを手に自撮りする奥原希望(左端)ら日本の選手たち=11日、アロースター(ゲッティ=共同)
 バドミントンのアジア団体選手権は11日、マレーシアのアロースターで決勝が行われ、女子で既に国・地域別対抗戦ユーバー杯(5月・バンコク)の出場権を獲得している日本は中国を3―0で破って優勝した。

 日本女子は初戦のシングルスで山口茜(再春館製薬所)が2―1で勝つと、ダブルスの第2戦はリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀(日本ユニシス)組がストレート勝ち。第3戦のシングルスでは昨年の世界女王、奥原希望(日本ユニシス)が2―1で逆転勝ちした。(共同)

(2月11日19時59分)

スポーツ(2月11日)