国内外ニュース

ロシアで71人乗り旅客機墜落 当局「全員死亡」、モスクワ郊外

 ロシア・ドモジェドボ空港、オルスク  ロシア・ドモジェドボ空港、オルスク  ロシア・モスクワ州の村の旅客機墜落現場=11日(ロイター=共同)  ロシア・モスクワ州の村の旅客機墜落現場=11日(ロイター=共同)
 【モスクワ共同】インタファクス通信などによると、ロシアの首都モスクワ郊外のドモジェドボ空港を飛び立った南部オレンブルク州行きのロシアの旅客機が11日、離陸後間もなく南東に約50キロ離れたモスクワ州の村で墜落した。乗客65人と乗員6人の計71人が搭乗しており、ロシアの運輸検察当局者は全員が死亡したと明らかにした。

 旅客機はサラトフ航空が運航。オレンブルク州知事の報道官は暫定的な情報として、同機に外国人は搭乗していなかったと明らかにした。テロの情報や、墜落地付近の住民の被害情報は出ていない。墜落前に爆発音がしたとの情報があり、残骸は広範囲の雪原で見つかった。

(2月12日1時04分)

国際(2月12日)