国内外ニュース

三池淵楽団、北朝鮮へ帰還 韓国公演、「融和」強調

 北朝鮮へ帰還のため、ソウル北方の都羅山南北出入事務所に到着した三池淵管弦楽団の団員=12日(共同)  北朝鮮へ帰還のため、ソウル北方の都羅山南北出入事務所に到着した三池淵管弦楽団の団員=12日(共同)
 【都羅山共同】平昌冬季五輪に合わせた南北交流行事の柱として韓国で2回の公演を行った北朝鮮の「三池淵管弦楽団」が12日、朝鮮半島西側で南北をつなぐ京義線道路を通り北朝鮮へ帰還した。

 楽団は8日にスケート競技会場がある韓国北東部の江陵で、11日はソウルで、それぞれ公演を行った。演目には北朝鮮の体制宣伝や核・ミサイル開発を誇示する内容はなく、南北の融和を強調することに力点が置かれた。

 ソウル北方の都羅山出入管理事務所へ到着した玄松月団長らは問い掛けにほとんど答えなかった。

(2月12日13時24分)

国際(2月12日)