国内外ニュース

用水路転落か、新潟で2人死亡 十日町市と長岡市

 新潟県警は12日、同県の十日町市と長岡市で、雪の積もる用水路に誤って転落したとみられる事故が相次ぎ2人が死亡したと明らかにした。いずれも死因は溺死だった。

 12日午前7時50分ごろ、同県十日町市倉俣の用水路で、近くに住む農業高野新平さん(90)が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。十日町署によると、自宅の畑付近にある用水路脇で、家族が高野さんのものとみられる足跡を発見して110番した。

 同日午前9時半ごろには、同県長岡市宮沢の用水路で、近くの無職小熊矢代江さん(62)が沈んでいるのが見つかった。

(2月12日19時09分)

社会(2月12日)