国内外ニュース

平昌、バス延べ1万4千台が不足 遅延発生で組織委再試算

 【平昌共同】平昌冬季五輪の大会組織委員会は12日の記者会見で、大会で使用するバスを再試算した結果、延べ約1万4千台が不足していると明らかにした。主にボランティアや報道関係者用の輸送で遅延が発生しているが、選手への影響は出ていないとしている。

 組織委によると、大会前は延べ約4万2千台が必要と見込んでいた。全体の約8割は時間通りに運行しているが、競技が集中している時間帯などに遅れるケースがあり、実際には5万6千台が必要な状況という。

 担当者は「バス会社と協議して追加の車両を確保する。迷惑を掛けて申し訳ない」と謝罪した。

(2月12日20時04分)

国際大会(2月12日)