国内外ニュース

男子モーグル、原大智が「銅」 日本選手団に第1号のメダル

 男子モーグル決勝1回目 コブを攻める原大智=平昌(共同)  男子モーグル決勝1回目 コブを攻める原大智=平昌(共同)
 【平昌共同】平昌冬季五輪第4日の12日、フリースタイルスキーの男子モーグルで初出場の原大智(20)=日大=が3位になり、活躍が期待される今大会の日本選手団に第1号のメダルをもたらした。

 女子の里谷多英が1998年長野五輪で「金」、2002年ソルトレークシティー五輪で「銅」に輝いた日本のモーグルで、男子では初めてのメダル獲得となった。エアリアルやスキークロスなどを含めたフリースタイルスキー全体の日本男子としても初の表彰台となった。

 原は東京・広尾中卒業後にカナダにスキー留学し、力を蓄えた。ワールドカップ(W杯)の最高成績は4位で、昨年の世界選手権も振るわなかった。しかし平昌では予選から勢いに乗った滑りでメダルをつかんだ。

(2月12日22時25分)

国際大会(2月12日)