国内外ニュース

東京円、108円台後半

 連休明け13日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台後半で取引が始まった。

 午前10時現在は、休日前の9日と比べ47銭円高ドル安の1ドル=108円68~69銭。ユーロは55銭円高ユーロ安の1ユーロ=133円52~53銭。

 日経平均株価の上昇への期待から、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きもみられたが、米国株の先行きへの不安感も根強く、小幅な値動きにとどまった。

 市場では「米国の消費者物価指数の発表を控え様子見ムードが強い」(外為ディーラー)との声があった。

(2月13日10時26分)

経済(2月13日)