国内外ニュース

DV被害者の転居先漏えい 愛媛・松前町、元配偶者に

 愛媛県松前町は13日、ドメスティックバイオレンス(DV)から逃れるため町外に転居した被害者と子どもの住所が記載された書類を、誤って加害者の元配偶者に送付したと発表した。

 同町は被害者に謝罪した上で、慰謝料と引っ越し費用として計45万円を支払うことで示談した。

 同町によると昨年10月18日、扶養状況を確認するため、町税務課の担当者が被害者の住所が記された文書を元配偶者に送った。翌日に元配偶者から連絡があり、漏えいが判明した。

 担当職員が書類を送付する前にDV被害などの有無を住民基本台帳で確認する手順になっていたが、怠ったという。

(2月13日18時24分)

社会(2月13日)