国内外ニュース

韓国、北朝鮮の滞在費肩代わり 2億8千万円支出へ

 貨客船「万景峰92」から下船する北朝鮮の「三池淵管弦楽団」の一行=7日、韓国東部・東海市(共同)  貨客船「万景峰92」から下船する北朝鮮の「三池淵管弦楽団」の一行=7日、韓国東部・東海市(共同)
 【ソウル共同】韓国政府は14日、平昌冬季五輪参加に関連して韓国入りした北朝鮮の芸術団や応援団の滞在費用などとして、約28億6千万ウォン(約2億8500万円)の支出を決定した。北朝鮮への便宜供与は国連安全保障理事会の制裁決議に抵触する可能性があるが、韓国政府は違反には当たらないとしている。

 内訳は宿泊や食事代約12億ウォン、競技場への入場券代約10億ウォンなど。北朝鮮が選手団や応援団を派遣した2002年の釜山アジア大会の際は約13億5千万ウォンだった。

 韓国統一省は「応援団の人数が選手団の約5倍で、入場券代がかさんだため」と説明した。

(2月14日19時01分)

国際(2月14日)