国内外ニュース

秋田・横手で「かまくら」撮影会 ほのかな光、照らす雪景色

 明かりがともったかまくらで火鉢を囲む子どもたち=14日午後、秋田県横手市  明かりがともったかまくらで火鉢を囲む子どもたち=14日午後、秋田県横手市
 秋田県横手市で約450年続く冬の伝統行事「かまくら」が行われるのを前に14日、撮影会が開かれ、ろうそくのほのかな明かりが雪景色を照らし、訪れた人たちを魅了した。

 かまくらは高さ約3メートルで大人4、5人が入れるほどの広さ。はんてん姿の地元の子どもたちが火鉢を囲んで餅を焼く姿を、詰めかけた観光客が撮影していた。

 東京都葛飾区から夫婦で訪れた無職塚平洋仁さんは「都会にはない日本の原風景を見られた。また来たい」と笑顔で話した。

 かまくらは水神を祭る行事で毎年2月15、16日に開催。市内に約100基のかまくらが設置され、市観光協会によると例年約30万人が訪れる。

(2月14日19時16分)

暮らし・話題(2月14日)