国内外ニュース

文科省に授業照会、自民から苦言 野党「政治介入」と批判

 前川喜平前文部科学事務次官の名古屋市立中での授業内容を自民党文科部会長らが文科省に照会した問題で22日、同党内から苦言が相次いだ。野党各党は「教育現場への政治介入だ」(辻元清美立憲民主党国対委員長)と一斉に批判を強めた。

 自民党の石破茂元幹事長は派閥会合で「あってはならない対応。慎むべきだ」と問題視。教育現場での自由な議論を保障すべきだとして「行政、党と教育現場の在り方を議論したい」と述べた。

 辻元氏は党代議士会で「安倍政権が教育を自分たちのイデオロギーで染めようとしている」と強調し、実態解明を急ぐとした。

(3月22日22時02分)

政治(3月22日)