国内外ニュース

バイクで時速239キロ疑い 動画投稿、会社員書類送検

 千葉県木更津市と川崎市を結ぶ高速道路「東京湾アクアライン」を大型バイクに乗って時速239キロで走行したとして、千葉県警高速隊は23日、道交法違反(速度超過)の疑いで、同県柏市の男性会社員(33)を書類送検した。

 高速隊によると、バイクは英国トライアンフモーターサイクルズの「デイトナ675SE」。男性は動画を「最高速チャレンジ」などと題して投稿し、映像では最高で279キロを示した。

 書類送検容疑は、昨年5月24日午前3時50分ごろ、東京湾アクアライン上り線のトンネル内で、指定速度を159キロ超過してバイクを運転した疑い。

(3月23日19時01分)

社会(3月23日)