国内外ニュース

ゴルフ、松山ら日本勢は惜敗 世界選手権第2日

 1次リーグ第2戦、1番でラフから第2打を放つ松山英樹=オースティンCC(共同)  1次リーグ第2戦、1番でラフから第2打を放つ松山英樹=オースティンCC(共同)
 【オースティン(米テキサス州)共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、デル・マッチプレーは22日、テキサス州オースティンのオースティンCCで1次リーグの第2戦が行われ、日本の4選手はいずれも1アップで敗れた。松山英樹はキャメロン・スミス(オーストラリア)に、池田勇太はマット・クーチャー(米国)に屈し、ともに1勝1敗となった。

 小平智は米ツアー43勝のフィル・ミケルソン(米国)に逆転負け、宮里優作もパトリック・カントレー(米国)に敗れてともに2連敗。前回覇者で世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)も2連敗を喫し、いずれも1次リーグ敗退が決まった。

(3月23日15時47分)

ゴルフ(3月23日)