国内外ニュース

高浜原発の仮処分、30日判断 北ミサイル攻撃の被害争点、大阪

 稼働中の関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)が北朝鮮によるミサイル攻撃を受けた場合の広域被害を訴え、運転の差し止めを大阪府高槻市に住む女性(82)が申し立てた仮処分について、大阪地裁(森純子裁判長)は23日、決定を30日午後3時に出すと女性側の弁護団に通知した。

 審尋ではミサイルの命中率のほか、原発が攻撃された場合に重大事故が発生する可能性、被害範囲などが争点となった。

 住民側は日本の迎撃態勢が不十分として「原発施設が攻撃されれば放射能が大量放出され、関西圏に影響を与える」などと主張。関電側は「北朝鮮が原発を標的にする根拠はない」と反論していた。

(3月23日17時22分)

社会(3月23日)