国内外ニュース

静岡県と伊豆市が津波区域に愛称 「海のまち安全創出エリア」

 南海トラフ巨大地震に備えて津波災害特別警戒区域に指定される静岡県伊豆市沿岸部=22日  南海トラフ巨大地震に備えて津波災害特別警戒区域に指定される静岡県伊豆市沿岸部=22日
 静岡県と同県伊豆市は23日、南海トラフ巨大地震に備えて全国で初めて津波災害特別警戒区域に指定する同市沿岸部の愛称を「海のまち安全創出エリア」とすると発表した。指定に伴うマイナスイメージの払拭が狙い。区域指定は27日にも公示する。

 愛称は2017年8月に募集を開始。142件の応募があり、地元住民らの投票を経て、福島県いわき市の男性の案に決まった。同時に指定する津波災害警戒区域は「海のまち安全避難エリア」とする。

 区域指定は、東日本大震災を受けて11年に成立した津波防災地域づくり法に基づく。

(3月23日18時17分)

社会(3月23日)