国内外ニュース

NZ、20万匹のネズミ駆除成功 世界遺産の無人島

 ニュージーランド・アンティポディーズ島  ニュージーランド・アンティポディーズ島
 【シドニー共同】ニュージーランド自然保護省は24日までに、世界遺産を構成する同国南部のアンティポディーズ島で、島の生態系への脅威となっていた外来のネズミ約20万匹の駆除に成功したと発表した。

 アンティポディーズ島はニュージーランド南島の南東約800キロに浮かぶ面積約21平方キロの無人島。海鳥や植物、昆虫など多くの固有種が生息する多様性が認められ、同島を含むアンティポディーズ諸島は世界遺産「ニュージーランドの亜南極諸島」の一部を構成している。

 自然保護当局は2014年からネズミ撲滅プロジェクトを始め、16年に大量の殺鼠剤をヘリコプターから散布した。

(3月24日17時26分)

国際(3月24日)