国内外ニュース

高梨、歴代単独最多の通算54勝 W杯ジャンプ女子、平昌後4戦目

 高梨沙羅の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)  高梨沙羅の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)  ノルディックスキーのW杯ジャンプで男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目を挙げ、両手で「54」をつくる高梨沙羅=24日、オーベルストドルフ(共同)  ノルディックスキーのW杯ジャンプで男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目を挙げ、両手で「54」をつくる高梨沙羅=24日、オーベルストドルフ(共同)
 【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーのジャンプ女子で、平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(21)が24日、ドイツのオーベルストドルフで行われたワールドカップ(W杯)個人第14戦で今季初優勝し、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝に到達した。

 高梨はW杯の個人戦通算104試合目の出場で、53勝で並んでいた男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(28)=オーストリア=を抜いた。昨季の最終戦から14試合足踏みが続いていたが、平昌五輪後、4戦目で節目の勝利を飾った。

 ジャンプ女子のW杯は2011~12年に始まり、今季が7シーズン目。

(3月25日0時50分)

スポーツ(3月25日)