国内外ニュース

フィギュア村元組、11位 世界選手権、日本勢過去最高

 アイスダンス・フリーの演技を終え、笑顔で引き揚げる村元(左)、リード組。日本勢過去最高の11位に入った=ミラノ(共同)  アイスダンス・フリーの演技を終え、笑顔で引き揚げる村元(左)、リード組。日本勢過去最高の11位に入った=ミラノ(共同)
 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権最終日は24日、ミラノでアイスダンスのフリーが行われ、村元哉中、クリス・リード組が自己ベストの合計164・38点で日本勢過去最高の11位に入った。平昌冬季五輪は過去最高に並ぶ15位だった。

 日本スケート連盟によると世界選手権では1985年大会の佐藤紀子、高橋忠之組、リードが姉キャシーと組んで出た2011年大会の13位が最高成績だった。

 平昌五輪銀メダルのガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組(フランス)がショートダンス(SD)、フリーとも1位の合計207・20点で2年ぶり3度目の優勝を果たした。

(3月25日8時22分)

国際大会(3月25日)