国内外ニュース

大谷、実戦最後の紅白戦は2失点 頭部死球イチローは練習

 マイナー選手中心の紅白戦に先発したエンゼルス・大谷=テンピ(共同)  マイナー選手中心の紅白戦に先発したエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
 【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは24日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスとマイナー契約で招待選手の大谷がアリゾナ州テンピでマイナー選手中心の紅白戦に先発し、打者21人相手に4回2/3に相当する14アウトを取って2安打2失点、5三振6四死球だった。これが29日の開幕前最後となる5度目の実戦登板で、最多の85球を投げた。

 前日のマイナー戦で頭部に死球を受けたマリナーズのイチローは脳振とうなどの異常は訴えず、練習を行った。

 パドレスの牧田はレッズとのオープン戦で2―0の四回に2番手で登板し、2ランを浴びて1回を2安打2失点、2三振だった。

(3月25日9時46分)

MLB(3月25日)