国内外ニュース

マラソン川内優輝がギネス認定 2時間20分以内の最多完走数

 ギネス世界記録公式認定証の贈呈を受けたマラソンの川内優輝選手(右)=25日午後、埼玉県久喜市  ギネス世界記録公式認定証の贈呈を受けたマラソンの川内優輝選手(右)=25日午後、埼玉県久喜市
 公務員ランナーとして知られるマラソンの川内優輝選手(31)=埼玉県庁=が、「2時間20分以内における最多完走数」78回をギネス世界記録と認定され、地元の埼玉県久喜市で25日、公式認定証の贈呈を受けた。川内選手は「すごくうれしいが、まだ通過点」とさらなる活躍を誓った。

 初マラソンだった2009年2月の別府大分毎日マラソンで2時間20分切りを達成。「レースが質の高い練習になる」という信念のもと、毎年10回ほど出場し記録を積み重ねた。今年元日の米国のマラソンで世界記録を破る76回に。

 川内選手は「百戦錬磨の川内と呼ばれるため次は100回を目指す」と意気込んだ。

(3月25日15時57分)

社会(3月25日)