国内外ニュース

八角理事長、不祥事謝罪 貴公俊暴行など、春場所

 大相撲春場所千秋楽の協会あいさつを終え、一礼する(左から)横綱鶴竜、八角理事長、大関高安ら=25日、大阪市のエディオンアリーナ大阪  大相撲春場所千秋楽の協会あいさつを終え、一礼する(左から)横綱鶴竜、八角理事長、大関高安ら=25日、大阪市のエディオンアリーナ大阪
 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は25日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で行われた春場所千秋楽の協会あいさつで、続出した不祥事に触れ「世間をお騒がせしております一連のことに対し、大勢の大相撲ファンの皆さまには、大変ご心配、ご迷惑をお掛けしております」と謝罪した。

 角界では昨年10月に元横綱日馬富士の傷害事件が発生。今場所8日目に十両貴公俊が付け人を暴行する問題などが起きた。理事長は昨年11月の九州場所や今年1月の初場所の千秋楽にも協会あいさつで謝罪していた。

 14日目に優勝を決めた横綱鶴竜は、大関高安に取り直しの末に敗れ13勝2敗で終えた。

(3月25日18時36分)

相撲(3月25日)