国内外ニュース

国公私立大をグループ運営 経営効率化で文科省方針

 文部科学省が、少子化で学生の減少が予想される中、各地の国公私立大の連携を進めるため、地域ごとに新法人を設立しグループ運営を可能とする新制度の導入を検討していることが25日、政府関係者への取材で分かった。各大学の持ち味を生かしながら、重複を整理するなど、グループでの経営効率化を促し、各大学の役割分担を明確にさせるのが狙い。

 大学などの将来構想を議論する中教審の有識者会議で近く提案。来年以降に関係法令の整備を目指す。

 関係者によると、新制度では、近隣地域や強みのある研究分野などを単位に、各大学が加盟する一般社団法人の設立を文科相が認定する。

(3月25日18時42分)

社会(3月25日)