国内外ニュース

東京メトロ、定年65歳に 人材確保へ今年4月から

 東京メトロは26日、60歳の定年を今年4月から65歳に延長すると発表した。人口減少で働き手が少なくなる中で、人材を確保するのが狙い。2018年度の事業計画に盛り込んだ。

 山村明義社長は記者会見で「ベテラン社員の技術や技能を最大限引き出し、労働力の確保を図る」と述べた。

 定年延長に合わせて、55歳以降の賃金水準引き下げや若年層全体の人件費抑制を実施し、人件費が大きく増えないようにする。

(3月26日17時56分)

経済(3月26日)