国内外ニュース

ハクトの月面車が鳥取砂丘走行 最終モデル試験

 鳥取砂丘で走行試験を行う無人探査車「ソラト」=26日午後、鳥取市  鳥取砂丘で走行試験を行う無人探査車「ソラト」=26日午後、鳥取市
 民間初の月面探査を競う国際コンテストに参加していた日本チーム「HAKUTO(ハクト)」は26日、鳥取砂丘で無人探査車「SORATO(ソラト)」の走行試験を実施した。最終モデルの屋外での走行は今回が初めて。参加する他のチームも含めて期限内に探査ができない見通しとなったことからコンテストは3月末で終了することになり、ハクトは優勝を断念した。

 ハクトの袴田武史代表は「砂丘で得た経験を無駄にせず、次世代の宇宙機開発に継承して挑戦を続けたい」と話し、今後はハクトの運営会社で探査車だけでなく、月への着陸船の開発に取り組む意欲を示した。

(3月26日19時32分)

科学・環境(3月26日)