国内外ニュース

元名大生二審判決「納得せず」 責任能力認定で弁護団

 名古屋市で高齢女性を殺害した殺人罪などに問われた名古屋大の元女子学生(22)の弁護団は26日、名古屋高裁が23日に一審名古屋地裁の無期懲役判決を支持し、完全責任能力を認めて控訴を棄却したのを受け、「到底納得できない」とするコメントを発表した。上告の有無については「元女子学生と相談の上で決定する」としている。

 弁護団は、検察側が証人請求した精神科医までが、元女子学生は行動にブレーキをかけられない面がある点を認めたと主張。「高裁判決は重要な事実にまったく言及せずに、行動制御能力があると認定しており、恣意的判断と言わざるを得ない」と批判した。

(3月26日20時51分)

社会(3月26日)